譚詩曲~11stories on Violin

2010年4月にリリースされたデビューアルバム『主人公~さだまさしクラシックス』と『光の風~ヴァイオリン・クラシックス』。そのひたむきで叙情的な演奏と、キュートすぎるビジュアルで話題を集めたヴァイオリニスト花井悠希が、満を持してお送りする第2作は、「物語」がテーマ。クラシック/非クラシック、有名無名を問わず、花井のビビッドな感性と共振しつつ「物語性」を感じさせる叙情的メロディを集結。北欧のメランコリックなメロディから、坂本龍一「千のナイフ」、ケイト・ブッシュまで。ジャンルを超え、「いまここにある感性」で花井が織り成した11章の物語。

「アーミー・ドリーマーズ」「ワルツ第2番」「千のナイフ」編曲。

コメントを残す